今回は楽天トラベルやじゃらん、一休といったホテル予約サイトを、一気にまとめて横断検索(メタサーチ)することが出来る比較サイトをまとめてみたいと思います。

これらのサイトを使えば、どのホテル予約サイト経由でホテルを確保するのが一番安いのか…ということが一目瞭然でわかるようになるため、1円でも安く旅行に行きたいという方におすすめ。

旅館やビジネスホテル代で無駄な支出をしないためにも、是非、活用してみてくださいね。

日本でメタサーチするなら3つ:

ここまで5つほどホテル予約の横断検索サイトを紹介させていただきましたが、今のところ、国内ホテルの料金比較に使えそうだなーと思うのはトリップアドバイザー、トリバゴ、トラベルコちゃんの3つ(特にトリップアドバイザーがおすすめ)。

トリップアドバイザー: 口コミを参考に、料金を比較して予約

そのため、とりあえず1円でも安くホテルを予約したいと思うのであれば、これらの3つのサイトで目的のホテル名を検索してみて、その上で一番安い予約サイト(もしくは公式サイト)にてホテル予約をしてみてください。

この手順を踏むだけで宿泊費をかなり安くできるはずですよ。宿泊費が高めな旅館やリゾートホテルに泊まる際には必ずどうぞ。

Q.公式サイト経由が一番安いんじゃないの?

星野リゾートやウェスティンホテルなど、公式のホテル予約サイトから予約するのが一番安いよ…という、ベストレート保証をしているホテル系列もありますが、このベストレート保証はあくまで「同一条件の場合、最安値ですよ」というだけの保証にすぎません。

実際、ホテル公式サイトのプランよりも、楽天トラベルやるるぶといった旅行サイトのプランのほうが安い…なんていう場合は結構多いので、公式サイトのみの価格を調べて予約するのはちょっと危険かもです。

公式サイトのほうがかなり高い場合も:
更に旅館やホテルによっては公式サイトでは定価販売、ホテル予約サイトでは激安価格を提示…なんてところもあるので困ったもの。

やはり今回紹介したホテル代の横断検索ができるサイトで念のためチェックしておくのがお得なのですね。

Q.ホテル横断計算時の注意点は?

ホテル横断検索時の注意点としては3つほど。

1つは比較されている宿泊プランはホテル予約サイトによって若干、異なる場合があります。チェックアウトタイムや朝食&夕食の有無など、細かいプランの比較は忘れないようにしてください。

場合によっては夜10時以降のチェックインのみ…なんて使い勝手の悪い条件が付いている場合もあります。

獲得ポイントも考慮すべき:
2つ目は各ホテル予約サイトごとに用意されているポイント制度分も含めて検討しておいたほうがいいということ。

たとえば私の場合には楽天トラベルを利用すると楽天ポイントが貯められるメリットがあるので、仮に他の予約サイトのほうが数%安くても楽天トラベルを使う…といった具合です。

3つ目はホテル公式サイトの料金が表示されない場合があること。ホテル公式のほうがベストレート保証などで安い場合もあるので、少しでも安くホテルを予約したいなら面倒でも公式サイトもチェックするようにしてください。

これら3つを考慮した上で宿泊先を予約すれば、あなたも最安値で泊まれること間違いなしです。