クレジットカードの利用には多くのメリットがあります。現金や銀行引き落としでの支払いをクレジットカード支払いに替えるだけで、その分ポイントがたまって得になります。クレジットカードの還元率はクレジットの種類によって違いがありますが、還元率の高いカードを使えば、それだけ現金払いの時にはなかった節約を可能にすることができます。

その他にもクレジットカード会社によって様々な特典を用意している場合があり、使用のメリットは大きいです。また、ATMから現金を引き出す場合に手数料がかかりますが、クレジットカードを利用すれば現金をおろす必要がなくなるため、ATMの手数料を削減することができます。

ATMの手数料はその利用が多いほど余分なお金がかかり、全体的に見れば決して侮れない金額です。その出費の削減は、家計の節約に貢献することになるでしょう。クレジットカードの大きな特徴は、支払いを先延ばしにできることにあります。

急な出費の際に財布の中に現金がない場合など、クレジットカードがあれば対応できるため助かります。便利なために無駄使いをしてしまうと意味がありませんが、そこに注意して利用するならクレジットカードはとても重宝できるものになります。日常の買い物でクレジットカードを利用する場合は、クレジット対応をしている店と未対応の店の確認が必要です。また銀行振込や代引き利用の場合に手数料がかかる場合がありますが、クレジットカード払いであれば手数料がかかならないこともメリットです。

クレジットカードをお得に使うためには

クレジットカードをお得に使うためには、まず、計画的に利用することが大切です。人によっては、クレジットカードの請求書を見て慌てることもあるそうです。このようなことを避けるためにも、利用した金額を記録するなど、工夫してみるといいでしょう。

使い過ぎの問題をクリアできれば、クレジットカードでの買い物は、現金での買い物よりもお得になることが多いです。たとえば、クレジットカードの利用では、ポイントがつきます。このポイントは、商品券などとの交換が可能になり、クレジットカードのお得を考える上では、外せないものとなります。

今では、携帯電話の使用料や電気料金などの支払いにクレジットカードを使うことが可能です。毎月、決まって必要な支出を、クレジットカードで支払うようにすれば、ポイントは効率的にたまります。そして、お得につながります。また、家電など、支払いが大きいものについては、クレジットカードで支払うといいでしょう。そうすれば、より、ポイントがたまりやすくなります。

さて、クレジットカードの明細というものも、うまく利用するといいでしょう。これは、支出の記録にもなります。そして、家計簿のように、時々、見直してみるといいでしょう。そうすれば、無駄な支出などを反省することにもつながります。また、節約にもつながります。クレジットカードの使い過ぎを心配する人は多いでしょう。しかし、クレジットカードをうまく利用すれば、節約にもつながるのです。

賢いクレジットカードの使い分け

複数のクレジットカードを持っている人がたくさんいると思いますが、クレジットカードを賢く使い分けることで効率よくポイントがたまり、そして割引率も高くなることがあります。例えばネットで買いものをすることが多い人は、その会社が発行するクレジットカードで購入すると購入金額により、ステージが上がりポイント率もアップすることが多いようです。

またネット以外に百貨店などでも買い物をされる人は、その百貨店独自のクレジットカードを使うとお得になります。百貨店のクレジットカードはその百貨店以外の店で使用してもポイントがつかなかったりする場合もあるので、使う時には注意が必要です。また百貨店ではポイントアップの日が毎週定められているので、その日に合わせて買い物をすると効率よくポイントをためることができます。また消費税にはポイントがつかないので、消費税分だけをポイントで支払ことも可能です。また旅行によく行く人には旅行会社発行のクレジットカードを使うとお得に旅ができます。

基本的にクレジットカードの上手な使い方は、自分がよく利用するお店だったり系列会社のクレジットカードを持っていると比較的ポイント還元率が高まります。車によく乗る人ならガソリンスタンド発行のクレジットカードで支払うと1リッターにつき5円ほどお得にガソリンを入れることができます。自分のライフスタイルに合わせて3枚ほどのクレジットカードをうまく使いわけて賢いショッピングをたのしみましょう。

カードのキャッシング枠を0円にするメリット

新規でクレジットカードを申し込む時には、キャッシング枠を設定する項目があります。10万円、30万円、など選べるようになっていて、それは審査されます。審査に通り、そのキャッシング枠を設けているカードを持っているといざという時に簡単にお金を借りることが出来るので備えとしてその機能を必要とする方もいらっしゃるでしょう。

けれど、借金が嫌いな人には向いていませんし、使う予定がないなら初めからなしにしておくのが利口です。審査に落ちる場合もありますから、0円にして最初から潰しておけば良いのです。

クレジットカードにキャッシング枠がなくても、通常の買い物には全く影響しませんし、むしろ使いもしないキャッシング枠なんてある方が邪魔な場合さえあるのです。例えば、クレジットカードは盗まれたり、紛失する可能性もあります。

そんな時、カードにキャッシング枠があるとそこで第三者にお金を引き出されてしまうリスクとなってしまう訳です。もちろん、暗証番号がなければキャッシングは出来ないはずですが、だからこそキャッシング枠に補償がない場合も多いのです。

しかし、カードにキャッシング枠が付帯してなく、ショッピング枠だけでしたら保険適用されますから万が一の場合でも安心ですね。その為にも、急にお金を借りなくてはならないなんていう状況がないように、普段から予備資金をいくらか別に備えてさえいればキャッシング枠頼みになる事はないのです。キャッシング枠0のカードはリスクを最小限にする為にもおススメです。