クレジットカードを賢く使う方法

簡単にノーリスクでお金を増やす方法

簡単にノーリスクでお金を増やす方法

現在、銀行の定期預金の金利は過去にないほどの低水準です。
100万円を1年間預けても、増えるお金は数千円でしょう。
しかしながら株やFXといったリスクのある投資には、積極的になれない人も多いかと思います。
それらの投資には十分な知識が必要ですし、なによりも失敗してしまえば元本を割ってしまうというリスクがあります。
敷居が高いと感じてしまうのはある意味当然ですし、そもそも手を出すことが必ずしも正解とは言えないでしょう。
順調に資産を増やしている人がいる一方で、元本割れを起こしてしまっている人が大勢いるのも事実なのです。

 

リスクのある投資はしたくない、かといって銀行の定期預金に預けても雀の涙程度にしか増えない、結果何もしていない。

 

こういう人が多いのではないでしょうか。
しかし、全く何もしないというのはやはりもったいないです。
知識も興味もないのにリスクのある投資をする必要はありませんが、簡単に、かつノーリスクでできる事というのは、いくつかあるものです。

 

住宅ローンのある方は、まずはその繰り上げ返済を第一に考えましょう。
定期預金の金利より、住宅ローンの金利の方が高いはずです。
銀行に100万円預けて1年間で3千円貰うよりも、100万円で繰り上げ返済して、1年間で払う金利を8千円減らしましょう。(金額は例です)
ただし、住宅ローン控除を受けている期間は、金利によっては繰り上げ返済しない方がいい場合もあります。
そうであっても繰り上げ返済用としての資金は貯めて、それは一旦定期預金に預けておきましょう。
住宅ローン控除期間終了時に貯めた資金で一気に繰り上げ返済すればよいのです。
そうすればそのお金は、定期預金の金利取得と住宅ローンの金利削減と2つの仕事をしてくれることになります。

 

住宅ローンのない方や、上記の方法と平行してできる手段としては、クレジットカードの利用があります。
クレジットカードのポイントの還元率は、用途が限定されるというデメリットはあるものの、定期預金の金利よりも遥かに高いです。
還元率1%を超えるカードが今では当たり前ですね。
100万円の買い物をすれば、1万円分のポイントが付く訳です。
だからといって、無理に買い物をする必要はありません。
普段の買い物で、なるべくクレジットカードを使用すればいいだけです。
クレジットカードが使用できるお店で、現金払いをするメリットというのは、皆無と言っていいです。
少額であっても、積極的にクレジットカードを使いましょう。
また基本的な事として、毎月の水道光熱費や通信費、加入しているのであれば保険料等も、可能な限りクレジットカード払いにしましょう。

 

クレジットカードの応用としては、個人年金保険に加入するという方法があります。
保険料の支払いが、クレジットカードでできる商品であるという事が条件になります。
個人年金保険の返戻率も今は非常に低水準ですが、クレジットカード払いにする事で、クレジットカードの還元率分の年利は保証されます。
クレジットカードのポイントに、個人年金保険商品自体の利率がプラスされる訳ですから、同じ金額をただ定期預金に預けているよりは、遥かに大きなリターンが得られるでしょう。
ただし、途中解約すれば元本割れする可能性がありますので、あくまで余剰金で行う必要があります。

 

余ったお金があれば、それはやはり定期預金に預けましょう。
定期預金のメリットとしては、元本割れがしないという事の他に、満期を迎えるスパンが短いという事が挙げられます。
多少まとまったお金があるけれど、どう運用していいか分からない。
そんな時でも1年ものの定期預金であれば、あまり深く考えずに預ける事ができるでしょう。

 

無理にリスクを取る必要はありません。
でも、ちょっとだけ工夫してみましょう。
きっと日々の生活がほんの少し、豊かになるはずです。


ホーム RSS購読 サイトマップ